人財

Andreas Nuessler, PhD

Nuessler教授は、ドイツのエバーハルト・カール大学テュービンゲンの外傷学科における実験医学部長であり、Siegfried Weller Instituteの所長です。 外科学と外傷学の非常勤講師でもあります。 教授は、分離肝細胞と肝臓全体の両方を使用することにより、肝臓における炎症反応を引き起こすさまざまな経路を研究しています。 2次元培養および3次元培養における薬物代謝研究で、特定の側面を調査するために、ヒト肝細胞を分離する標準培養方法を開発しました。