人財

Michael Ott, MD

Ott教授は、ドイツのハノーファー医科大学のExperimental Hepatology の准教授であり、移植医療の中心的存在の1人として世界的に認知されています。 肝疾患に対する細胞治療および遺伝子治療、幹細胞研究、microRNA(miRNA)、体細胞in vivoおよびin vitro分化リプログラミングを専門としています。