人財

Mustapha Najimi – PhD

特別顧問 – 科学研究業務

プロメセラの共同設立者であり、ヒト他家成体肝臓前駆細胞(HHALPC)に関する2つの特許の共同発明者。ベルギーのルーヴァン・カトリック大学(UCL)にて実験及び臨床研究所の主任研究者。

1999年にパリ第6大学にて細胞および分子生物学の博士号を取得。現在、Pediatric Hepatology and Cell Therapy Laboratory(小児肝細胞療法研究所:UCL、ベルギー)の幹細胞研究グループおよび細胞培養プラットフォームを率いており、サン・リュック大学病院(ベルギー、ブリュッセル)の肝細胞および肝幹細胞バンクの科学責任者を務める。

主な研究対象は、肝臓の幹細胞生物学と再生医療。肝臓学および細胞療法分野で、複数のジャーナルの査読者として選任されている。