プレスリリース

HepaStem™の新データを発表


過去の試験データ解析を通じ、HepaStem が疾患の様々なステージに於いて 治療効果を示すことを 2018 年度 EASL ポスター展示にて発表

2018年4月12日、ベルギー、モン=サン=ギベール – 細胞治療薬と肝臓病の分野で国際的なイノベーター企業であるPromethera Biosciences SAは本日、自社の開発プログラムHepaStem™に関する新しい前臨床データを発表しました。 過去のデータに基づき得られた当データにおいては、進行期の疾患向けに実証済のモデルにおいて、細胞由来の治療薬が 早期非アルコール性脂肪肝炎(NASH) の主要な疾患パラメータを改善できることが初めて示唆さ れました。NASHは、世界中で認められている肝疾患のひとつである非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の重症型です。試験結果は、現在フランス、パリで開催中のヨーロッパ肝臓病学会(EASL)の2018年度年次総会で発表されま した。

プレスリリースの全文はこちらでダウンロードしていただけます